<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ピエールさんのドライフルーツ。
5月29日の木曜日、7th loungeのオーナーさんに薦められていた、
札幌ESTA地下1Fのドライフルーツ専門店「マルシェ・ド・ピエール」に行ってきました。

セブンスで初めて食べた時にとても美味しかったので、
他にどんなものがあるか早く見たかったんです。
ESTA地下の閉店時間が20時30分なので、仕事をババッ!と終わらせて、
走って走ってなんとか閉店15分前に着きました。
8時といえば、いつもだったら一番のってる時間帯ですからね・・・。

ずらりと並んだ数十種類のドライフルーツ。
ドライフルーツというものを意識して見るのが初めてなので、
ひとつひとつどれがどう違うのか、まだ掴みきれていませんが、
その中で、おもしろいものがありました。
f0158482_23555577.jpg

ミラクルフルーツ(この実を食べてからレモンなどすっぱい物を食べると
甘く感じさせるという特性があるもの・・・)
が入っているこの容器は
「プリフォーム」と呼ばれるペットボトルの原型(試験管型ポリエステル樹脂)で、
この容器を膨らませて500ml(だったかな?)のペットボトルになるそうです。  
これを見た瞬間、わっ素晴らしい!と即パケ買い。

ピエールつながりでピエール・エルメのマカロンストラップ。
商品にはついていませんが、かわいいのでつけてみました☆

f0158482_1165978.jpg

今一番好きな「トマト」も購入。
ん?とまと?という感じですが、美味しいです。

まだまだこれから試してみたいドライフルーツに出会った日でした。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-31 11:17 | マルシェ・ド・ピエール
満点出ました。
日曜日、喫茶 開化でTシャツを発注した。
モンセン欧文書体集の中から好きな書体を選んで、Tシャツにプリントしてくれる。
Bauer Bodoni(バウアーボドニー)
どうなるか楽しみ。

好きな書体は決まっている。
Helvetica(ヘルベチカ)、Bodoni(ボドニー)、田中一光明朝体・・・。
まあスタンダードですね。
寄席文字も好き。橘右左喜さんの寄席文字。チラシなどに使われていると嬉しくなる。
カリグラファーが書く、流れるような文字も素敵。年賀状とかに使ったりしてね。

帰る時、カウンターの片隅に木活字セットを見つける。
オーナーの伊東さんが昔、ニューヨークで購入したものらしい。
こういうものまであるなんて・・・。

開化にはいろんなものが眠っている。
「活版が・・・」って話したら、伊東さんが本棚からパッと一冊出してきてくれる。
もう2回行ってるから、次くらいには「かっ・・・」くらいで出てくるんじゃないかな。
何も言わなくても出てくるかもしれないね。

もちろん、デザインの本もたくさんあるから、まだまだ通うつもり。
平岸なんて近い近い。手稲、厚別、琴似。
近所のコンビニに行くようなもんだ。東京も。



f0158482_6343175.jpg
大丸札幌店のイノダコーヒに初めて入る。
今まで敬遠していたお店だ。
こんな隅っこの喫茶店なんかに入ってどうするのよと思っていたけど、
今回は、チラッと見えた店内が雰囲気良さそうだったので、フラッと中へ・・・。
まず、赤のカーテンにやられたね。次に、窓から見える景色。
抹茶パフェの味。店内の雰囲気。店員さんの接客。
良かったね。
f0158482_22531438.jpg



夜7時半、閉店前のイノダコーヒの美しさ。
何年に1回出るか出ないかの満点!


-------------
INODA COFFEE イノダコーヒ
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-26 07:33 | 一期一会
極貧週間。
先週の東京から帰ってきて1週間、仕事バタバタシャバダバという感じ。
土曜日は疲れて動けず。
日曜日はちょこっとだけ出かける。ちょこっと・・・。情けない。
もっと体力つけなきゃいかん。最近そういう行動パターンになってきて危ない。

東京行ってお金が無いので、日曜日、古い本を売る。590円、1食分。泣
今年に入って、お金が無い時は本を売ってなんとかしのいできたけど、
もうそろそろ売るものも無くなってきた・・・。あと1週間で給料日。

今週は、
サンプルプラザ札幌がオープンしたり(入会金300円/年会費1600円)、
OYOYO 大通まち×アートセンターがオープンしたり(初日イベント参加費500円)、
三越イタリアフェアには「イタリア料理界の革命児の美味しさが集結!!」したり、
Tinkに新商品が入荷したり(D-BROS./100%、ン千円)、
開化に行きたくなったり(地下鉄代往復480円)、

・・・・・・だったのですが、全て不参加もしくは見るだけで終わり。


某所でやってた、国内線「JALファーストクラス」シートの展示会。
  〜ラグジュアリーな空間が出現します。〜
ただポツンと置いてあるだけで、装飾・演出一切無し。
  〜触らないでください。座らないでください。〜
見た瞬間「えっ!?」と声が出たのは、久しぶりだ。
今まで見てきた全ての展示会の中で、1番がっかりな展示だった。
一生忘れない。


最後に行った大丸百貨店はディスプレイ、パンフレット、良かった。
これだよ、これ!と嬉しくなって、1日終了。
f0158482_0363940.jpg
2008.5.18 P.M.7 まだ空が青い時間の大丸回廊がお気に入り。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-19 01:59 | 街歩き
一直線に
f0158482_23464846.jpg

飛んでいきたい。あの空へ!

ここはお気に入りの隅っこスペース。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-18 23:54 | ぼろぞうきん
星がきれいなところへ。
f0158482_0411630.jpg
東京のどこかの駅で、長沼静きもの学院のポスターに見とれていたら、
隣にも渋いポスターがあるので2、3秒眺めて・・・って、ただの掲示板の地だとわかって苦笑い。



行きたいところに行けたから、東京はもうしばらく行かない(たぶん)。
来月からは北海道を飛びまわる予定。

岩見沢、函館、旭川、洞爺湖・・・。

先週、gla_glaの展示会に行った時、
洞爺は星がきれいだとスタッフの人から聞いた。

いつかそれを観るのが楽しみで、どんな星空だろうと想像しながら、
仕事帰りにイヤホン大音量で聴く(もちろん人のいないところでね)、

Eikichi yazawa / When You Wish Upon a Star

手稲の空も札幌のなかでは綺麗なほうだから(ただ灯りが少ないだけ)、
星はよく見える。
今日は空が晴れていて、ちょっと冷たい風が吹いたりして、
一日の終わりにふさわしい。



「砂に消えた涙」もいいねぇ。ミーナ。

「見上げてごらん夜の星を」はちょっと切なくなる。九ちゃん。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-14 01:24 | ぼろぞうきん
SUPER! 雨の東京日帰り。
今年3回目の東京は、「四谷ひろば」1本勝負。
旧四谷第四小学校の跡地に、
東京おもちゃ美術館と、他にギャラリーなどが入っています。

時間とお金の問題で直前まで迷っていましたが、
去年から注目していたおもちゃ美術館と、
地下のギャラリーで開催中の「活版凸凹フェスタ」が同時に観れる良い機会なので、
思いきって行こうと決めました。
ポンポン軽く行ってるように見えるけど、けっこうギリギリなのよ・・・。

f0158482_23574774.jpg
f0158482_002379.jpg
まずは活版のほうへ。
展示は1つの教室の中にまとめてあり、そんなに広くないけど、
たくさんの作家さんの作品がギュッ!と詰まっていて見応えは十分。
「おいおい、ついに来ちゃったよ」って今回ちょっと緊張しています。

3月の勉強会のときにお会いしたLUFTKATZE(ルフトカッツェ) 平川さんの作品は
Webサイトなどで知っていたけど、実際に観たり触るのは初めて。
もちろん触れないものもあるけど、こういう展示会で1つでも触れるものがあるのは嬉しい。
「これがあの・・・!」って、持つ手が震えるくらいドキドキしました。
いろんなアイデアがあり、自分の固い頭の中は爆発して星がキラキラと・・・。


その中のひとつ、Super! という作品を観て、良い言葉だなと思いました。

スーパー!

スペルが変わらず、ドイツ語では"ズーパー"、フランス語では"シュペア"、
スペイン語では"スーペル"と読み方が変わり色々な国で使われる言葉。
「すごい!」「すばらしい!」という意味だそうです。
これはいい、今回の旅のタイトルにしよう、と勝手に決めました。

SUPER! KAPPAN&TOY TOUR 2008.

よしよし、と満足しているうちに、あっという間に3時間が経ち、
気がつけば3時52分。

おもちゃ美術館の閉館が4時だったのを思い出して、ダッシュ!
f0158482_7355786.jpg
入館料700円!鑑賞時間6分で700円って・・・。
f0158482_7362998.jpg
6つか7つくらいの部屋があったので、1部屋の制限時間1分。
他のお客さんは全員親子連れで、けっこう混んでいます。土曜日だもんね。
その隙間を縫うように、ときにはこどもに癒されながら、“真剣に”観ました。
本当はそんな“真剣に”観るものじゃないのに・・・。
次、もう1回来てゆっくりみなきゃいけないな。


もう1回活版凸凹フロアに戻り、ひとまわりして終了。
今回の展示会を観て、自分の中で活版印刷の可能性が一気に広がった気がする。
あんなこともできる。こんなこともできる。

今年の初めに活版印刷に興味を持ちはじめた頃は、
シンプルに明朝でスミ文字の名刺にシビれたもんだけど、
今は、どういうふうにデザインに活かせるかと考えてる。
自分の中では、まだ始まってないし、終わりも見えないけど、
何かひとつ、かたちとして残したいと思っています。

おもちゃ美術館は納得いかないけど、また仕事頑張ってお金溜めて、年末にまたね。


f0158482_737532.jpg
帰り途中のどこかの駅(忘れた)、
L25が棚にびっしり置いてあってびっくり。いつもスカスカでがっかりなのに。
3冊お持ち帰り。

f0158482_7373816.jpg
f0158482_738214.jpg
新橋駅の黒酢バーでひと息つく。


最終便で札幌へ。7th loungeに直行。
夜中1時くらい。最初、黒エビスでその次にウィルキンソン(またぁ?)。
たまにはワインも飲めって、自分でも思うけどね。

ウィルキンソンを飲んで、旅の余韻に浸る。
目をつぶってちょっと深呼吸でもしたら、どっか飛んでいきそうな感覚になる。

やっぱりちょっと不満があったんだよ。
ゴールデンウィーク、ぐうたらしてた自分に。
いつも言ってるけど「多少無理してでも動かないとダメよ」って、ほんとに思った。
動けば動くほど、不満も出てくるし、刺激も受けるし、目標も見つかる。
それで、またここから動き出そう、みたいな感じで。
いや、でも今日の1日は本当に良かった。
心の底から、良かったな−って久しぶりに思えた。

Super! 良い言葉だなって思いながら夜明けの街を歩きまわり、
始発のJRで帰りました。


------------
「活版凸凹フェスタ2008」主催
朗文堂 アダナ・プレス倶楽部
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-12 07:38 | ちょっと遠出
馬鹿もほどほどに。
f0158482_1656293.jpg
f0158482_16562785.jpg

23時に仕事が終わって、
すすきののマクドナルドで朝まで時間をつぶし、
土曜日朝イチの飛行機で東京へ。

札幌夜明けの街は人がいなくて、時が止まったような不思議な感じ。
気温4度と寒いけど、カーン!と晴れて気持ちいい。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-11 17:18 | 街歩き
今年3回目の東京は、活版とおもちゃだ。
f0158482_85773.jpg

ゴールデンウィークは全然動いていなかったから、身体が鈍っている。
半分は寝て過ごしていたから、頭もぼけてる。

年末に行ったおもちゃの旅。
3月に行った活版印刷の旅。

今度は、まとめて一緒に、だ。

連休で止まっていたぶんを取り戻すつもりで、翔ばなきゃいけない。



知るほどに奥が深い東京の街。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-08 08:05 | ぼろぞうきん
通常モードに切り替える、連休最終日。
ハッキリ言ってダメダメな今年の連休の最終日は、
なんとか通常モードに戻して外出しました。

行くところが決まらないまま札幌駅から大通までふらふらと歩いて
あっそういえば!と思い出したのが、

三越の「第48回東日本伝統工芸展」。
陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形など、日本の伝統工芸の公募展です。
知人の作家さんが出展者として会場におられたので、ちょっとびっくり。
普段なかなか観る機会がない工芸品。美しさに惹かれて、じっくり見てまわりました。
技法とかナントカは名前を見てもよくわからないけど、美しいのはなんとなくわかる。
楽しいもの、かわいいもの、かっこいいものはたくさん見てきたけど、
美しいものを観ることってそんなに無いから、良い時間を過ごしました。

熱くなった後は、おなじみの雑貨店・Tinkへ。新たに入荷したという、
MAKOO Re-USE PROJECT / CRAFT NOTE(マコー リユース プロジェクト / クラフトノート)
f0158482_2252244.jpg
この見た目、手触り感、(まだ使って無いけどたぶん)使い心地!
バチィッ!っとハートにクリティカルヒット!
それしか目に入らない。買わずにいられない。多少無理してでも・・・という商品が
このお店にはたくさんある。でも、こう言うと怒られちゃうかもしれないけど、
自分の場合は暮しのために買ってるんじゃない。
うまく表現できないけど、良いと思ったものは認めて、なるべく買って、
そばに置いておきたい、という感じ。うん。そばに置いて眺めていたいと思う。
生活に反映されていないのは、ま、見た人はわかるでしょう・・・・・・。


気分よしっと次は一丁隣の「はろー書店」で
SETSULIKOV(セツリコフ)展覧会「SWINDLE THEATER」(いんちき劇場の意)。
初めて観る作家さんで、会うまでは国籍も性別もわからなくてビビってたけど、
会えばよろしくで、お店の雰囲気も合わせて、楽しかったです。
次も楽しみです。


・・・というところで4連休終了。
次の日が仕事だと思えば、自然と調子が戻ってきた。
まあ、サラリーマンですからねぇ。
仕事人間ともいいますね。良いか悪いかわからないけど。
f0158482_2273146.jpg

[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-08 02:29 | 街歩き
まさに「ぼろぞうきん」だ・・・。
f0158482_2341165.jpg
4連休の2日目。
行きたいところが1か所しか無い。困った・・・。

とりあえずJR桑園駅前の「北のたまゆら」で温泉に入った後、
カツカレーとビール。ぼーっとテレビを観て、寝っころがって・・・・・・。
こんなGWの真っ昼間に20代のヤツなんかいないよ。
でも、かったるいもんねーへへっていう気分、味わうとなかなか抜けだせない。
3時間くらいいたのかな?
やっとこさ起きて、ギャラリー門馬へ。


木村環さんの作品展“アリス!”。
「不思議の国のアリス」をモチーフに押絵・イメージイラストを描いた鉛筆画展。
ギャラリー巡りの数を減らしても、必ず観たい作家さんです。
絵を観ても、お話しても、刺激を受けます。


その後は通りすがりの中華屋でひとり食事。
ちゃんと皿とかコップとか洗ってんのか?という雰囲気の店だけど、
水餃子はうまかった。
「どう、うまいでしょ」って顔して笑ってた店のおばちゃん、良かったね。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-05 00:30 | ぼろぞうきん



 
by lottagoodtime_ing
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31