カテゴリ:街歩き( 106 )
飲み放題。
12/12(金)、今月最高の宴会は、仕事のお客さんとの忘年会。
「醸造's BAR the WINE CLUB」。おしゃれなところです。

26歳の俺以外は、全道の50〜60代の社長・会長らが15名。
貧乏デザイナーの鼻タレ小僧ですが、
会社の経費で飲めるのがサラリーマンの特権。
とことん飲みます。

乾杯は〈シャンパン〉モエ・エ・シャンドン。
そこから先は、リストにあるものを上から順番に・・・・・・。

〈白ワイン〉ゾンネン・ヘルプスト / ジャン・バルモン シャルドネ
〈赤ワイン〉イタリア・ロッソ / ジャン・バルモン・カベルネ
〈ビール〉アサヒスーパードライ
〈日本酒〉杜の蔵 / 三井の寿

・・・・・・ここでストップ。
料理も美味しく、慣れないナイフとフォークで頑張りました。

ざっくばらんにわいわいと、全てが勉強になる2時間。

こちらのお店のガラスには素敵な文様が施されていて綺麗です。
9Fの大きな窓からすすきののネオンもバッチリ見えて雰囲気良かったです。
機会があれば、もう1度来てみたいお店でした。


f0158482_1644963.jpg
気分が乗ってもう1軒。
12月10日オープンの飲食店ビル「G DINING札幌」地下1F・横町形式の「G STREET」へ。
6つある店舗間の壁を無くして開放的な空間になっています。
f0158482_16443860.jpg
財布と相談して「回転寿し 雪花」へ。
f0158482_1645016.jpg
あっちも美味しそうなんて、お金があればハシゴしても楽しそう。
f0158482_16454343.jpg
ミッキーマウス並べ。酔
f0158482_16461378.jpg
飲んだ後はラーメン、油そばがうまいけど、
寿しというのも渋くて良い☆


-----------
G DINING札幌
札幌市中央区南3条西3丁目
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-12-13 16:46 | 街歩き
ちょっとずつ、ちょっとずつ!
骨折してからもうすぐ1ヶ月。

街を徒歩で移動することにも慣れてきました。
自転車に乗ったときのスピード感も忘れつつあります。
ギブスを外すのは21日(金)。
完全に回復するのはさらに1ヶ月後?
このまま冬に突入だ。

思うように動けない。行く場所が限られる。不自由を感じることによるストレス。
休日、街に出て何かを見ても、心に響かない・・・・・・
時には響かないどころか、何も見ないで1日が終わることもあった。
1ヶ月死んでたね。眼も心も、細胞も死んでた。

こりゃあ年末年始、爆発だ。
去年と同じく、東京旅行を計画中。
がむしゃらな旅行は最後と言ったけど、たぶんまたがむしゃらに動くかも。
去年以上に、大きく強く、激しく!


・・・・・・という夢を見つつ、
昨日は仕事の合間に、知り合いの展示会へ。
f0158482_0311083.jpg

恒例の「雪の王国アトリエ」展。
5年前に亡くなられたイラストレーターの杉吉久美子さんが作った
かわいいキャラクター「ユキタマリン」。
ドクターや工事現場の作業員、すべり台やブランコで遊んでたり......と、
いろんなシーンのユキタマリンがいます。

そのユキタマリンの絵本もあります。
杉吉さんに捧げるものとして2005年12月に
「雪の王国出張所」の仲間たちで制作されたもの。
このとき、お声をかけていただいて、本の装丁・デザインをしました。
自費出版のため一般の書店では購入できません。
今回のような展示会でこつこつ販売しています。

いろいろな種類の手づくりアイスピンも楽しい。
f0158482_23355837.jpg


雪の王国アトリエ展
11月15日(土)まで 10:00〜17:00(最終日16:00まで)
らいらっく・ぎゃらりぃ
札幌市中央区大通西4丁目北海道銀行本店ビル1F
(大通公園側入口から入ってすぐ右手です)



もうひとつ、大丸藤井セントラル7F スカイホールで「カリグラフィー作品展」。
カリグラフィーに出会ったのは4年前。
図工・美術の成績 2!の俺にしてみれば、
手でさらさらとペンを走らせて美しい文字を書くという行為は、想像を超える世界。

今回の作品展では1冊の作品集が展示されていました。

去年、日本人カリグラファーによる初の海外グループ作品展を
ベルギー・ブリュージュとアメリカ・シカゴで開催したときに、
出展者の作品(原画)をまとめて製本し、会場で展示していたもの。

原画だからベタベタ触って汚しちゃいけないってことで、
手袋をしてないと見ちゃだめ。
1枚1枚、めくるたびに独創的な世界が飛び込んできて、ドキドキ。
いろんな書体があるけど、流れるような文字の構成が好き。

カリグラフィーは、観るたびに新しい世界に出会えます。何でもあり。

美しいものが好き。
カリグラフィー、書道は生で見たことがある。
寄席文字はまだ無い。橘右左喜さんが大好き。
いつか見たいね、寄席文字。

ちょっとずつ、ちょっとずつ、パワーが回復しているのを感じています。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-11-13 20:56 | 街歩き
牛乳で体を強く。
11/6(木)晴れの日。
三越前で、十勝・大樹町酪農部会の方たちが牛乳とチーズを配っていました。
f0158482_812028.jpg
骨折してから、もっと体を強くしなきゃ!ということで
牛乳をたくさん飲んでいます。
骨を鋼鉄にするくらいのイメージで・・・・・・。

いろいろなおやつと一緒に飲んでみて、
一番合うのはやっぱり「あんぱん」です。
牛乳とあんぱんのコンビに勝るものはありません☆

f0158482_815073.jpg
大樹町では11月11日の「チーズの日」にあわせてこの土日に
全国でもめずらしい取り組みである「24時間チーズ作り」が行われています。
去年、俺も真夜中のチーズ作りを体験しました。
f0158482_821099.jpg
今年はこんな手なので参加できません・・・・・・。
大通公園で牛乳を飲みながら、あの日の“MAX”を思い出していました・・・・・・。哀

☆チーズの日とは
およそ1300年前の飛鳥時代、当時のことが記録された「右官史記」の中に
「文武天皇四年(西暦700年)10月(新暦11月)文武天皇が使いをつかわし、
"蘇"をつくらしむ」という記述があります。ここで記されている"蘇"が現在の
チーズの元祖と言われるものです。旧暦10月は新暦になおすと11月になります。
そこで、1992年にみなさまにもっともっとチーズに親しんでもらうため、
覚えやすい11月11日を記念日とし、「チーズの日」が誕生しました。

[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-11-07 08:10 | 街歩き
デザインウィークのあちら側で。
f0158482_12293622.jpg
財布を出してお金を支払うのにモタモタ。片肘ついて片手で食事をする。
常に腕をあげている姿はまわりの風景に馴染めない。
気にしない気にしない。関係ないよって自分に暗示をかけても、
心の奥底ではやっぱり影響が出てきている。何やっても乗ってないもの。
行く場所も限られる。人が少ないところが良い。気をつかわなくてのんびりできるところ。

11/2(日)
f0158482_12302983.jpg
f0158482_12305687.jpg
ギャラリー門馬ANNEX
砂のアート・村井隆之さんと、キャンドル・福井優子さんの2人展。
静寂、鳥の声、風の音。砂の宇宙、火のゆらめき。手首の痛みを忘れる時間。

f0158482_12312778.jpg
f0158482_12315447.jpg
門馬から500メートル程のところにあるカンディハウス札幌
窓から見える秋の風景、良すぎる。体ちょっと浮いてたね、たぶん。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-11-03 13:53 | 街歩き
ピキピキ関係ない。
f0158482_333370.jpg
10/23(木)MRI検査。手首の内側を骨折。そりゃ痛いはずだよ。
2週間、ギブスで固定。・・・・・・2週間。長すぎる。

10/25(土)、1日動かないと、身体と心が喧嘩してる。
カ「歩いたら手首に響くから動くな。」
コ「ぐっと我慢しているほうがストレス溜まって良くないよ。」って、
どっちも正しいから迷うね。

日曜日、心の勝ち。外出。
歩行による振動でもピキピキ。

実在の医師をモデルにしたドキュメンタリー漫画『義男の空』
第2巻出版記念のトークショーを見に紀伊国屋札幌本店へ。
これは真剣に読む。ドキュメンタリー、好きだしね。
情熱大陸、ソロモン流、カンブリア宮殿、ガイアの夜明け、トップランナー。
同時代に生きる人の話、大好き。
生き物としての生命力というか、元気をもらいました。
手首が動かないくらいでウジウジしてちゃダメなんだね。


そして、久しぶりにロビンソン地下「マルシェ・ド・ピエール」へ。
リコさんKONさんのブログを見て、すっ飛んで行きました。

ピエールに以前からディスプレイとして置いていて
気になっていた黒いかごがあったんですが、
このめっちゃおしゃれなパッケージは、
焼き菓子の専門店「DROPJE(ドロッピェ)」のものでした。

10月28日(火)までロビンソン地下にて催事開催中とのこと。

ドロッピェのお菓子は、ヨーロッパで教わったレシピをもとにしたオリジナルで、
材料は厳選したものを使用し、小麦粉・バター・卵・砂糖は
北海道産の新鮮なものを使っているそうです。
・・・・・・眠れないのでこんな夜中に食べました。
ホットミルクといっしょに食べるのが好きです。
他にもいろいろ合いそうなので、試してみたい。

ドロッピェで黒いパッケージ「スモールセット」を、
ピエールでは新登場の「ミックスボックス」を購入。
ドライフルーツはいっぱい種類があって、いつも迷ってしまうんです。
でもこれなら安心!ひとりでチビチビ、仲間とガツガツ、どっちもいけますね。

会計時、片手でモタモタ・・・・・・と、ほんと不便!
「不便ですね。」
「ほんと、参ってます......。」

f0158482_342087.jpg

ギブスのままじゃ痛々しいからカワイイ布でも巻いて隠そうと、
それらしいのを探したけどなかなかコレというのが見つからない。
あと2週間、こんな状況と眠れぬ夜が続くのか・・・・・・。
夢遊病でギブス切り離したりして。
f0158482_355698.jpg


---------
Dybooks ダイブックス

---------
MARCHE DE PIERRE(マルシェ・ド・ピエール)
札幌市中央区南4条西4丁目1番地 ロビンソン地下2階
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-10-27 03:29 | 街歩き
貰いたかったら、与える。
f0158482_21512580.jpg
10/18 土曜日、仕事のため朝から会社へ。
夕方4時頃に終わり、木村環さんの鉛筆画展を観に行く。
gallery cacoi(中央区南16条西8丁目1-30)

歩くときの振動でもピキピキ響いて痛いけど、
無理して腕を固定したまま、地下鉄と市電にのって観に行って良かったよ。
前回の倫土と正反対ともいえる和室で
掛け軸みたいに展示していたので、座ってゆっくり観る。

倫土のときの絵のポストカードを買った。
素晴らしいと思ったものは、可能な範囲で買うようにしてる。
たとえば使えるお金が5万円あったら、だいたい2週間くらいで人や店で使う。
それは好きだから買うんだけど、買ったことでその製作者は喜ぶでしょう。
金を払って買って、誰かが潤って、それでまたいつか自分に回ってくる。
そういうお金の使い方をする人が好き。与える人がいい。

言葉だけで「大好き。素晴らしい。」と言っても、
カードの一枚も買わない人もいる。
俺も給料前は苦しいからわかるけど、まあ次の展示会で買うとかね。
買って、それを暮らしのなかで使った時の気分って、気持ちいい。
ケチな奴は嫌い。わかるでしょ。それが原点でしょ。
ちょっと余裕だなと思ったら、人に送ること。差し入れもそうだし。


お金にしても情報にしても、
自分一人だけ貯めておこうと思った人間に成功はないと信じて、
街を歩いているこのごろです。
f0158482_21521270.jpg

[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-10-19 21:53 | 街歩き
アトリエテンマ追っかけ。
旭岳に行くのを諦めた土曜日は、いつも通り街を走っていました。
f0158482_1123046.jpg
この外観かっこいいねぇ。イギリスみたい。
今年の春、苫小牧にオープンした「イコロの森」のアンテナショップ、
Lin's Gallery(リンズギャラリー)。
観葉植物と北海道のクリエイタ−作品販売、カフェ。
今年1度行ってみたいと思っていたイコロの森は9月末までとのこと。残念。
来年は4月から。
f0158482_11232318.jpg
そしてこの日はアトリエテンマ追っかけデー。
東区本町にある茶廊法邑の別棟「品品法邑(しなじなほうむら)」10/3(金)オープン。
1Fのショップには屋中秋谷さん、植田莫さん、gla_glaの大介さんなど、
大好きな職人たちの作品。美味しいお菓子とパンも売っていました☆
2Fはギャラリー。

茶廊法邑。品品法邑。
俺がこの業界に入ってすぐ、ひたすらギャラリー巡りをしていたときに思い描いていた
理想のギャラリーはこういう感じだったなあと思い出した。
今はまたちょっと変わってきているけど。
常に自分より少し高いところにあり、背筋を伸ばして中に入る。
周りのお客さんはかっこいい大人ばかりで・・・・・・。
大人☆のふりしているけど、26の俺なんてまだまだ小僧だからね。
どこをどう歩いていいのかわからないときだけど、
とにかく本気で走らなきゃいけない。
ニセモノの自称デザイナー(アーティスト)、意識の低いやつお断り。
日々勉強、精進しなさい。ビシ!バシ!とそう言われているような、そんな空間。

f0158482_11234695.jpg
今までかもめ柄の青い手ぬぐいを使っていたけど、
今日から法邑の茶色い手ぬぐいに。自転車に乗って汗をかいたらこれで拭う。
秋には秋の走り方。

f0158482_11242818.jpg
秋の夕暮れの踏切が好き。ドラマティックじゃない?
少し遠回りしてもこっちの道を選んでしまう。

f0158482_11251220.jpg
10/1(水)オープン「cafe atelier temma」!
1ヶ月前から楽しみにしていた極上空間です。
カウンターの1つだけ柄の違う椅子に座ってカフェオレを一口飲んだとき、
・・・・・・俺、ちゃんとした男になろう!って思った。30歳まであと3年半。
1杯1万円払っても良い。それくらいの価値がある1杯と空間でした。
f0158482_11262815.jpg
パルコ8Fど真ん中にあるカフェ「SHELF(シェルフ)」で締め。
ここもアトリエテンマさんデザインです。

横浜を歩いて矢沢永吉を感じるように、
伊勢丹を観て藤巻幸夫を感じるように、
自転車で札幌を走り世界一周を夢見るように。
アトリエテンマさんのお仕事に触れて、
近づきたい、関わりたい、俺もがんばらねばと鼻息荒い1日でした。


---------
Lin's Gallery
札幌市北区北24条西10丁目1-10
tel.011-215-6212
10:00-19:00 水曜定休

---------
株式会社アトリエテンマ

---------
茶廊法邑
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-10-05 12:53 | 街歩き
思いあがり。
23日(火) 秋分の日は、朝から会社でひとり仕事。午後4時に会社を出る。
わしゃ疲れたょ。
力を振り絞って三角山まで自転車をコギコギ・・・・・・、
絵描き・木村環さんとキャンドル作家・福井優子さんの2人展を観に行く。
俺が一目置くお二方です。疲れた体に効くカンフル注射のようなもの!

初めて行った西区山の手にある「ギャラリー倫土(ろんど)」はgreat view!
テラスがあって近くに小川が流れているらしいけど、今回は屋内から見ただけ。
陽が落ちてきた頃に、福井さんが外に出てキャンドルをひとつひとつ灯していた。
大きな窓ガラスを隔てたこちら側で、
それを椅子に座ってぼーっと眺める贅沢な時間。
あちらとこちらで違う時間が流れているみたいで不思議な感じ。

札幌では中央区旭ヶ丘のギャラリー門馬と、
西区福井の画家・植田莫さんの工房兼ギャラリーでも、
ここと同じような気分になれるね。
どれも「ただのハコ」ではない、素敵な空間。



良い絵とかキャンドルとか、デザインも、
有っても無くてもどっちでも良いんだけど、
観ると観ないとじゃ、その後の人生が大きく変わる。
やっぱ有ったほうが良いもんね。
それが無かったら死んじゃうってそんな生死を彷徨う業界じゃないけど、
あったら楽しいとかパワー出るとか、生活がちょっと豊かになるとか。
そういうところなんじゃないかな、この業界。

でも創ってる側は、生きるか死ぬかの勝負なんだよね・・・。
下手よりは上手いほうが良いのは当たり前。
本音は、他人に認められたいし、社会に貢献したいし、一番になりたい!
そこらへんのデザイナー、アーティスト(自称含む)より、
才能も根性も持ってるつもり。
そう思ってなきゃ街歩きもやってられない。


お二人と話していて、そんなようなことを思いました。



狂ったように働いた後は、
キャンドルにあかりを灯し、絵を飾り、
ワインを飲んで素敵な週末を過ごそう。
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-09-25 01:36 | 街歩き
時間のラセンをひと飛び。
f0158482_10234498.jpg

円山を走っていると、古いキャラクターやプレミアムグッズを売っている
「なかよしこよし」というお店を見つけたので、恐る恐る入ってみました。

ヒーローもの、アニメ、漫画のキャラクターグッズが多い中で、
エルビスプレスリーのポスターや、ビートルズの人形などがポツポツとあり、
心くすぐられる品揃え。

高校のときから、矢沢永吉、キャロルから始まり、ビートルズ、プレスリー、
チャック・ベリー、リトル・リチャードとか、そのへんの時代の音楽が好き。
ペギー・リーの「ジョニー・ギター」は永遠!

このお店で一番ハマッたのが、ジュークボックス型のCDプレイヤー。
値段も安く、雰囲気も良い。
今すぐ買うのは無理だけど、年末まで置いてるかどうか・・・・・・。

店長に「家はこの近くなの?」と聞かれ「いえ、手稲です」
「なんだ、そんなに遠くないじゃん」・・・・・・「そう、かな?」
手稲というとだいたい山奥!みたいな反応が返ってくるんだけど。



その後、南1西6 第2三谷ビル2Fにある、古本とビール「アダノンキ」で
中村雄侯写真集「原宿UFO」を買う。
昭和51年4月29日歩行者天国初日から54年頃までの、主に若者の姿を写した写真集。
昭和55年発行。
俺まだ生まれてないけど、この時代の写真や映像を見るのは好きだし、
写真から熱さが伝わってくるこの本はおもしろい。
リーゼントでツイスト踊ってる集団がほんとにいたのか?って想像できないけどね、今。

このアダノンキではビールも飲める。
「石狩徳光コーヒーラガー」・・・・・・コーヒービールって飲むの初めてだけど、
香りが良い。ショコラティエ・マサールのチョコもついて最高。

古本じっくり、ビールをサッと飲んで気分良いお店。


帰り道のBGM。
サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」
矢沢永吉「ファンキー・モンキー・ベイビー」

--------
古本とビール「アダノンキ」
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-09-21 09:41 | 街歩き
一人でしっぽりコッコちゃん。
平日の帰宅時間はいつも午前0時前後。
夜は仕事が終わるまで食事をとらないので、帰宅途中のリラックスした頃にお腹がすいてくる。
自転車通勤にしてから、夜中もやってて一人でしっぽり食べたりできるお店を探すのが楽しみ。

一人でしっぽり・・・・・・という雰囲気ではないけれど、
今一番のお気に入りは「いただきコッコちゃん 宮の沢店」。
夜中の2時までやってます。

午前0時前後なら、焼き鳥一本とドリンクだけでも許してくれると思う。
たぶん。

f0158482_18122025.jpg
☆つくね・ポン酢
☆とり・塩
☆室蘭焼鳥

いつもだいたいこんな感じ。

f0158482_18123166.jpg
コッコちゃんにあいさつして帰ると、明日への活力をもらえます!
ほんとにいい顔してるんだよね。


-------------
株式会社イーストン

-------------
イーストン広報担当リコさんのブログ
リコ日記
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-09-18 18:12 | 街歩き



 
by lottagoodtime_ing
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29