カテゴリ:活版印刷( 8 )
「THINGS FOR BREAD」カタログ
f0158482_22776.jpg


中央区南2西2の時計台補聴器センター2Fにあるギャラリー、
「クラフト&プロダクト ノーザンライフ」。
10月にオープンしたばかりの新しいスペース。
オープン第2弾は「北の灯り展」。
旭川圏を拠点に創作活動を続けるクラフト作家グループ「mickle(ミクル)」と
「ACDA(旭川工芸デザイン協会)」から有志が集い、
木工クラフトを中心に、キャンドルやガラスの作品を展示。

北欧輸入キッチン用品・食器類・小型家具などの
生活雑貨ショップ「port.」も併設しています。
こちらは11/8オープン。


その中で気になったものがひとつ。

Landscape Products(ランドスケーププロダクツ)のプロダクト
「THINGS FOR BREAD」。

俺の場合、日々の暮らしの中でパンを食べるのは朝が多い。
だけど家でゆっくりということはなくて、通勤途中に買って電車か会社で食べる。
昼はがっつり肉と米、夜は抑えめにいろいろってのが最近の食生活。
1年に1回くらいは、休日にちゃんと落ち着いてパンを食べることもあるけど、
・・・・・・まあ、ほとんど無いね。
「THINGS FOR BREAD」はそんな朝食(憧れ)を楽しくする、パンにまつわる美しい道具たち。
バターナイフ、ウッドプレート、バターケース、パン切り台、チーズ入れ、パン立て。
ひとつも使ったことが無いからわからないけど、その形の美しさに惹かれる。

そしてびっくりしたのがこれのカタログ。表紙含め20ページ。
制作メンバー。ディレクションをEATerの柴田隆寛さん、
スタイリングを岡尾美代子さん、写真を新津保建秀さん、
活版印刷(表紙のみ?)をPAPIER LABO./オールライト工房さんが手掛けています。

不意打ちドン!

そこらへんの平積みされてるカタログであれば3冊くらい持って帰るところだけど、
「今は展示してあるその1冊しか無く、525円で販売しています」とのこと。

有料か。でも安いね。もちろん即購入。1000円でも迷わず買う。

一歩違えば出会うことのなかったこの冊子。
嬉しい発見でした☆
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-11-16 02:11 | 活版印刷
酒井さんのガラス印鑑彫刻実演。
今、日章堂印房にいます。

第2回目の活版印刷ワークショップが行われていますが、今日は参加していません。

酒井さんのガラス印鑑彫刻実演を見にきたのです。

gla_glaの高臣大介さんのガラスに彫られた文字は、
石のそれよりもかわいい・・・気がする。
ガラス印鑑そのものは、独特の形状と輝きで、一目惚れ☆


ガラスは大介さん、彫刻は酒井さんにお願いして、
自分(拓)の印鑑がほしい。
って毎月なんかかんか言ってるけど、
給料出たらすぐ他に使って結局後回しになるんだよな…。

いつか絶対!・・・ま、そんな決意するほどのことでもないけど・・・。
f0158482_0564490.jpg

[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-03-23 22:08 | 活版印刷
活版印刷の旅 2  “活字よ、こんにちは。”
翌日の日曜日、南8条西9丁目の日章堂印房で、
酒井博史さん主催の第1回活版印刷ワークショップ「活字よ、こんにちは。」が開催されました。
ここに来る前に「紙のめぐみ」に寄ろうと思っていましたが、寝坊して断念。
しかも5分遅刻!もう参加者の皆さんは揃っていました・・・。

まず最初に、活版印刷とはどういうものかという説明をされながら
樹脂版などの見本を見せていただきました。

そしてついに体験。
今回は名刺を作ります。
文選→組版→印刷→解版して活字をかえすという流れです。

f0158482_0273997.jpg
☆膨大な数の活字の中から、使用する活字をひろう作業(文選)。
見てるぶんには、「なに、選べばいいんじゃん」と軽い気持ちでしたが、
いざ棚の前に立ってみると、なかなか目的の文字にたどり着くことができません。

肩書きと名前、携帯電話番号とメールアドレス。
酒井さんにヒントをもらいながら、
これだけの文字で30分以上かかってしまいました・・・。

f0158482_0402045.jpg
☆そして次はお母様に教えていただきながら、文字を組んでいきます(組版)。

f0158482_047422.jpg
f0158482_0472073.jpg
そして印刷。
自動なので、シュパパパッと一気に100枚を刷っていきます。

デザインは、まあ・・・初めての体験だからね。
変なアキがあったり、位置がちょっと・・・でしたが、
初めての証としてそのまま残すことにしました。
出来上がった名刺は、抱きしめてやりたいほどに素晴らしい仕上がりでした!

これで折り返し地点。
最後に解版して、活字をまた元の場所にかえします。
さっきひろったばかりなのに「えーと、伊・・・。ん?藤・・・・・・。」と苦労して
やっとこさ全部かえすことができました。
わしゃ疲れたよ・・・って気分です。

おつかれさまでした!



この土日で東京と札幌それぞれで活版印刷に携わる人と会い、
これからどうしようか、と考えています。
守るのか、攻撃するのか、ま、どっちかしかないですが。


日章堂印房のカードにある言葉。

   時代ノ最後尾ヲ独リ逆走スル

この言葉が好き。
並走するほどのスタミナは無いけれど、沿道から応援しています。


-----------
ここより詳しい記事があります。
三上のブログ「第1回活版印刷ワークショップを見学して」

-----------
酒井博史さんのブログ
古い日記

[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-03-11 01:44 | 活版印刷
活版印刷の旅 1  “この春、活版の庭で会いましょう。”
年明けから興味を持ちはじめた活版印刷。
少しずつインターネットで調べたり、印刷物を見たりしてきましたが、
この土日で、ついに本物に触れることができました。

土曜日の朝イチの飛行機で東京へ。
金曜の夜の予定でしたが、タッチの差で空港行の電車に乗り遅れたのです・・・。
飛行機はAIR DOのスカイメイト一発勝負。
既に昼の便まで満席でしたが、空席待ちで運良く朝イチの席をゲット!


f0158482_22395315.jpg
日帰り決定で、まずは「紙鋪 直」へ。坂本直昭さんの和紙を扱うお店です。
アルビオンプレス(手引き活版印刷機 中型/1860年イギリス)が置いてあります!
f0158482_2329472.jpg
お店の案内状や冊子など、この機械で印刷しているそうです。
購入した紙に印刷する場合も発注できるので、いつかお願いしたいです。
動いているところを生で見てみたい!


そしてメインイベント「活版印刷を知る勉強会」。場所は築地です、つきじ。
目的は2つ。
東京で活版印刷に関する活動をしている
LUFTKATZE(ルフトカッツェ)の平川さんにお会いすることと、
活字地金彫刻師・清水金之助さんの文字彫刻実演を見ることです。

い・ろ・はのグループに分かれて、
種字見本見学→実演見学→活版印刷の基礎知識勉強会 と順番に見たり聞いたりしました。
f0158482_005720.jpg
清水さんが彫った「種字」・・・活字(凸)を鋳造する母型(凹)を作るための型(凸)

f0158482_0154181.jpg
f0158482_0312116.jpg
清水さん実演・・・86歳!で手が全く振れず、そして力強く、美しい形に彫っていきます。
○って難しいのに。

f0158482_033451.jpg
f0158482_03241100.jpg
「北海道から来た人がいるんだって?」「ハ、はイっ!絶対生で見たくて来ました!」
「じゃあ後で、彫ってるやつあげる」って頂いたのが・・・“昭和”!
清水さん、ありがとうございます!大切にしますね!


イベント終了後、平川さんにごあいさつ。
次にお会いしたときはゆっくりお話できれば嬉しいです。
3時間の短い時間でしたが、とても内容の濃い時間でした。ありがとうございました!


築地で美味しいものを食べ・・・ないで、そのまま急いで空港へ!
東京日帰りは初めてだけど、意外とイケる。またやろう☆
f0158482_0333272.jpg



------------
LUFTKATZE ルフトカッツェ

------------
活版散歩「活字地金彫刻の勉強会 お礼」

------------
活版工房

------------
参加した方の記事です。とても詳しく報告されています☆
活版岡田屋分店
活字の地金彫刻師に会ってきた 1〜
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-03-10 07:26 | 活版印刷
「紙のめぐみ」と、熱い気持ち。
活版印刷には和紙が合うと思った。
f0158482_2349459.jpg

和紙といえば、中央区南11条西23丁目の「紙のめぐみ」。
東京の「紙舗 直」坂本直昭さんの和紙を扱うお店です。
初めて行ったのがおととしの夏。今日で2度目の訪問。

「今、活版印刷に興味あって・・・。」
「印刷したものありますよ。これとこれと、これも」って
オーナーの女性の方がすぐ出してきてくれました。
厚い紙のポストカードの場合、
表面は強く押していて凹みが目立つのですが、
裏側はそんなに気になりません。仕上がりもきれいです。
『紙と住む』パンフレットにもガチャーンと活版印刷。
「・・・・・・。」
惚れました。
もうメチャクチャ合う。あんぱんと牛乳くらいに相性抜群!

この印刷をした活版印刷機が「紙舗 直」にあるという。
3月8日に見に行きます!
そして4月には「紙のめぐみ」で展示会があり、坂本さんが来札予定とのこと。

最高のタイミングで、今日来て良かった!
動けば情報は集まるもんだ。




紙のめぐみに行く前、
エアーダイブが発刊したドキュメンタリー漫画『義男の空』のトークショーが
紀伊国屋札幌本店でやっていたので見てきました。
専門学校時代、田中宏明社長に1年だけ教わってたこともあり、
このイベントはとても楽しみにしていたのです。
7年前の学生時代も田中先生の“熱さ”が好きだったんだよなぁ。
今日も、その本気の言葉に胸が熱くなりました。

若いオレも、のんびり歩いてる場合じゃない。
そんな気持ちで紙のめぐみに向かいました。



---------
Dybooks ダイブックス
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-02-17 23:53 | 活版印刷
来月、東京、活版印刷の旅、決定!
東京で活版印刷に携わっている方々と接するチャンスが、ついにきた。

「活版印刷を知る勉強会/活字彫刻の世界〜文字の原点〜」

よし、行く。すぐに申し込んだ。

どういうものかというと・・・。

----------

  昭和30年頃からは、書体デザイナーが文字を設計し、
  それを元にパターンから機械で母型が彫られましたが、
  それ以前は鉛に直接文字を設計しながら、逆字に彫る「彫刻師」によって
  種字の文字が作られていました。
  今回は活字を知る原点として、彫刻師として何万もの文字を彫られてきた
  清水金之助さんをお迎えし、実演を交えながらお話を伺います。

  (ブログ活版散歩より引用)

----------


3月8日(土)。

東京に行くのはリバーダンスとおもちゃ美術館で5月の予定だったけど、
このチャンス逃したら次いつになるかわからないから、即決。

ここ1か月で活版印刷のことをいろいろ調べて、だんだんわかってきた。
先週、日章堂印房の酒井さんに会って、どんなことができるのか、細かく聞いた。
月末に名刺をお願いしようと思ってます。
より深く知るために、この勉強会に参加する。

金銭的にちょっと厳しいけど、こういうときは迷ったりしちゃダメだね。
徐々にとか、マイペースとか、無理しないでとか言ってる場合じゃ無い。
日帰りか1泊2日なんてもったいない?
いやいや4万5万で、札幌じゃ得られない大きな財産が手に入ると思えば大儲けだ。
極端なことを言えば、手稲から清田区行くよりも、東京行く方が近いから。感覚的に。

というわけで、今からちょっと興奮しています☆


f0158482_1564959.jpg
2.11 クロスホテル札幌 エントランス
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-02-12 02:00 | 活版印刷
活版印刷の美しさを知る。
月曜日、仕事終わりに中央区南1条東2丁目のFAbULOUS(ファビュラス)へ。
活版印刷を用いた印刷物を作っている
SAB LETTERPRESS(サブ レタープレス)のポストカードを購入するためです。
会社を出たのが20:30、タクシーに飛び乗り(最近そればっかり)、着いたのが20:45。
21:00閉店。

FAbULOUSはカフェ・ファッション・インテリアと3つの異なる空間が混在したセレクトショップで、
いつもならカフェでひと休みするんですが、今回は時間がないので、
このポストカードと他をバババッ!と見て終わり!
それでもいい。このカードを見れただけでも大満足。

1年前に大丸藤井セントラルでやった、まほうの絵ふでとD-BROSの植原さんの展示
「クリエイションとエデュケイションのあいだ展」がきっかけでファビュラスを知りました。
北海道でD-BROSの商品を扱っているのはTinkとファビュラスだけ。

訪れたのは半年ぶりだけど、前より雰囲気がグレードアップしていてびっくり。

サブレタープレス、ビューティフル!!
ファビュラス、グレイト!!


-------------
活版印刷を用いた印刷物の紹介、販売
SAB LETTERPRESS | サブ レタープレス

-------------
FAbULOUS | ファビュラス
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-01-29 18:59 | 活版印刷
活字でいろいろやってみたい。
f0158482_11351163.jpg

最近、活版印刷でいろいろなもの試してみたいなぁと思いはじめています。
仕事じゃなくて、個人的に。
仕事では全く使わないし、学校の授業でも習ったことがない。
この業界に入ったときはもう完全にデジタルの時代だったし。

活版印刷、活字というものに関心を持ったのは1年ほど前。

札幌で活版印刷を生業としている
酒井博史さんのブログを読んでいるうちに、
おもしろそうだな、ちょっとやってみたいなと思うようになりました。
ま、何もしないまま時間は流れていったんだけど・・・。

決定的だったのは、今年の1月7日9日の記事。
やるなら今だって思った。
まずは名刺をつくりたい。

それで土曜日に、お店を訪ねて少しだけ活字や機械を見せてもらった。
酒井さんはいなかったけど、お母様にね。


「文字の母たち」という本を買った。

インターネットでもちょこちょこ調べたりして。

うんうん、なるほど、そういうものかと、だんだんわかってきた。


札幌ではそうでもないけど、
全国的に、ちょっとした活字ブームが起きているみたい。
北海道でも、底辺に隠れているだけで、興味がある人はけっこういるんじゃないかな。

人の目に触れさえすればって、そんな単純なものじゃないかもしれないけど、
ちょっと揺さぶれば、おもしろい動きがあるかもしれないよ。


------------
酒井博史さんのブログ
古い日記

------------
東京の、グラフィックと活版印刷のデザイン室。
LUFTKATZE ルフトカッツェ
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-01-14 11:36 | 活版印刷



 
by lottagoodtime_ing
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30