「THINGS FOR BREAD」カタログ
f0158482_22776.jpg


中央区南2西2の時計台補聴器センター2Fにあるギャラリー、
「クラフト&プロダクト ノーザンライフ」。
10月にオープンしたばかりの新しいスペース。
オープン第2弾は「北の灯り展」。
旭川圏を拠点に創作活動を続けるクラフト作家グループ「mickle(ミクル)」と
「ACDA(旭川工芸デザイン協会)」から有志が集い、
木工クラフトを中心に、キャンドルやガラスの作品を展示。

北欧輸入キッチン用品・食器類・小型家具などの
生活雑貨ショップ「port.」も併設しています。
こちらは11/8オープン。


その中で気になったものがひとつ。

Landscape Products(ランドスケーププロダクツ)のプロダクト
「THINGS FOR BREAD」。

俺の場合、日々の暮らしの中でパンを食べるのは朝が多い。
だけど家でゆっくりということはなくて、通勤途中に買って電車か会社で食べる。
昼はがっつり肉と米、夜は抑えめにいろいろってのが最近の食生活。
1年に1回くらいは、休日にちゃんと落ち着いてパンを食べることもあるけど、
・・・・・・まあ、ほとんど無いね。
「THINGS FOR BREAD」はそんな朝食(憧れ)を楽しくする、パンにまつわる美しい道具たち。
バターナイフ、ウッドプレート、バターケース、パン切り台、チーズ入れ、パン立て。
ひとつも使ったことが無いからわからないけど、その形の美しさに惹かれる。

そしてびっくりしたのがこれのカタログ。表紙含め20ページ。
制作メンバー。ディレクションをEATerの柴田隆寛さん、
スタイリングを岡尾美代子さん、写真を新津保建秀さん、
活版印刷(表紙のみ?)をPAPIER LABO./オールライト工房さんが手掛けています。

不意打ちドン!

そこらへんの平積みされてるカタログであれば3冊くらい持って帰るところだけど、
「今は展示してあるその1冊しか無く、525円で販売しています」とのこと。

有料か。でも安いね。もちろん即購入。1000円でも迷わず買う。

一歩違えば出会うことのなかったこの冊子。
嬉しい発見でした☆
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-11-16 02:11 | 活版印刷
<< 滝川弾丸小旅行。 ちょっとずつ、ちょっとずつ! >>



 
by lottagoodtime_ing
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31