SUPER! 雨の東京日帰り。
今年3回目の東京は、「四谷ひろば」1本勝負。
旧四谷第四小学校の跡地に、
東京おもちゃ美術館と、他にギャラリーなどが入っています。

時間とお金の問題で直前まで迷っていましたが、
去年から注目していたおもちゃ美術館と、
地下のギャラリーで開催中の「活版凸凹フェスタ」が同時に観れる良い機会なので、
思いきって行こうと決めました。
ポンポン軽く行ってるように見えるけど、けっこうギリギリなのよ・・・。

f0158482_23574774.jpg
f0158482_002379.jpg
まずは活版のほうへ。
展示は1つの教室の中にまとめてあり、そんなに広くないけど、
たくさんの作家さんの作品がギュッ!と詰まっていて見応えは十分。
「おいおい、ついに来ちゃったよ」って今回ちょっと緊張しています。

3月の勉強会のときにお会いしたLUFTKATZE(ルフトカッツェ) 平川さんの作品は
Webサイトなどで知っていたけど、実際に観たり触るのは初めて。
もちろん触れないものもあるけど、こういう展示会で1つでも触れるものがあるのは嬉しい。
「これがあの・・・!」って、持つ手が震えるくらいドキドキしました。
いろんなアイデアがあり、自分の固い頭の中は爆発して星がキラキラと・・・。


その中のひとつ、Super! という作品を観て、良い言葉だなと思いました。

スーパー!

スペルが変わらず、ドイツ語では"ズーパー"、フランス語では"シュペア"、
スペイン語では"スーペル"と読み方が変わり色々な国で使われる言葉。
「すごい!」「すばらしい!」という意味だそうです。
これはいい、今回の旅のタイトルにしよう、と勝手に決めました。

SUPER! KAPPAN&TOY TOUR 2008.

よしよし、と満足しているうちに、あっという間に3時間が経ち、
気がつけば3時52分。

おもちゃ美術館の閉館が4時だったのを思い出して、ダッシュ!
f0158482_7355786.jpg
入館料700円!鑑賞時間6分で700円って・・・。
f0158482_7362998.jpg
6つか7つくらいの部屋があったので、1部屋の制限時間1分。
他のお客さんは全員親子連れで、けっこう混んでいます。土曜日だもんね。
その隙間を縫うように、ときにはこどもに癒されながら、“真剣に”観ました。
本当はそんな“真剣に”観るものじゃないのに・・・。
次、もう1回来てゆっくりみなきゃいけないな。


もう1回活版凸凹フロアに戻り、ひとまわりして終了。
今回の展示会を観て、自分の中で活版印刷の可能性が一気に広がった気がする。
あんなこともできる。こんなこともできる。

今年の初めに活版印刷に興味を持ちはじめた頃は、
シンプルに明朝でスミ文字の名刺にシビれたもんだけど、
今は、どういうふうにデザインに活かせるかと考えてる。
自分の中では、まだ始まってないし、終わりも見えないけど、
何かひとつ、かたちとして残したいと思っています。

おもちゃ美術館は納得いかないけど、また仕事頑張ってお金溜めて、年末にまたね。


f0158482_737532.jpg
帰り途中のどこかの駅(忘れた)、
L25が棚にびっしり置いてあってびっくり。いつもスカスカでがっかりなのに。
3冊お持ち帰り。

f0158482_7373816.jpg
f0158482_738214.jpg
新橋駅の黒酢バーでひと息つく。


最終便で札幌へ。7th loungeに直行。
夜中1時くらい。最初、黒エビスでその次にウィルキンソン(またぁ?)。
たまにはワインも飲めって、自分でも思うけどね。

ウィルキンソンを飲んで、旅の余韻に浸る。
目をつぶってちょっと深呼吸でもしたら、どっか飛んでいきそうな感覚になる。

やっぱりちょっと不満があったんだよ。
ゴールデンウィーク、ぐうたらしてた自分に。
いつも言ってるけど「多少無理してでも動かないとダメよ」って、ほんとに思った。
動けば動くほど、不満も出てくるし、刺激も受けるし、目標も見つかる。
それで、またここから動き出そう、みたいな感じで。
いや、でも今日の1日は本当に良かった。
心の底から、良かったな−って久しぶりに思えた。

Super! 良い言葉だなって思いながら夜明けの街を歩きまわり、
始発のJRで帰りました。


------------
「活版凸凹フェスタ2008」主催
朗文堂 アダナ・プレス倶楽部
[PR]
by lottagoodtime_ing | 2008-05-12 07:38 | ちょっと遠出
<< 星がきれいなところへ。 馬鹿もほどほどに。 >>



 
by lottagoodtime_ing
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31